>>  >> 

三井住友VISAプラチナ

三井住友VISAプラチナカード 詳細

三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカードは三井住友VISA発行のプラチナカードです。

VISAカードの最上位、「VISAインフィニットカード」は日本では未だ存在しないと言われているため、日本国内におけるVISAカードの最上位カードと言えるでしょう。

三井住友VISAプラチナカードは、なんとプライオリティパスが家族会員にも配布されるため、家族会員カードを持てないお子様以外は同行者利用料を気にせずに海外空港ラウンジを利用できます。

原則として三井住友VISAゴールドカードの利用実績を見て招待という形を取っていますが、一定の条件を満たした三井住友VISAゴールドカードホルダーであれば申込を行う事も出来ます。

いずれにせよ、プラチナカードの取得にはvalue三井住友VISAゴールドカードの取得が前提となります。

初年度年会費 年会費 家族カード ブランド ポイント還元率
54,000円 54,000円 無料 VISA 1p/1,000円~
国内空港ラウンジ 海外空港ラウンジ 国内旅行保険 海外旅行保険 ショッピング保険
25空港 600ヶ所以上 1億円 5,000万円 500万円
その他
■本会員に加えて家族会員全員にもプライオリティパスをお届け(選択制)
■医学界の各専門分野を代表する医大教授がカウンセリング、「セカンドオピニオンサービス」(選択制)
■国内外の旅館・ホテル・レストランで特典・サービスが利用できる「プラチナクラブ」「プラチナダイニング」
■24時間・年中無休の「三井住友VISAプラチナカード コンシェルジュサービス」
■ブラックとグラデーションから選べる2タイプのデザイン

三井住友VISAプラチナへのコメント

メリット・よいところ♪ 三井住友VISAプラチナのここがGood!
良クチコミ プライオリティパスという名前も知らなかったしあくまでおまけ程度にしか考えていなかったが、いざラウンジを使ってみるとその快適さに病みつきになった。女房に家族カード(無料だったし)を作らせ、旅行の度に2人で空港ラウンジを使っている。ごった返した一般ラウンジはもう使えない。(58歳、男性) 【2008/07/06】
良クチコミ 最初はブラックカードっぽい!と思って選んだ黒デザインでしたが、プラチナカードなのに黒いの?と言われてグラデーションデザインに切り替えました。そしたらその輝きに一目惚れ。名実共にプラチナカードになり、切り替えて良かったです。しかも、なんとデザインの切り替えは無料でした!(30歳、女性) 【2008/10/14】
良クチコミ コンシェルジュサービスは、アメックスのプラチナやJCBザ・クラスと同等のレベルで頼りになります。あまり旅行や外食をしない人には使う機会が少ないサービスなので、旅行・外食をする事が多い人におすすめかもしれません。(40才、男性) 【2009/03/21】
デメリット・悪いところ↓ 三井住友VISAプラチナのここがイマイチ
悪クチコミ 家族会員ごとにデザインが変えられない。父が銀色のカードにこだわっているため黒カードに出来ない。一人一人デザインが変えられるようにしてほしい(25歳、女性) 【2008/07/09】
悪クチコミ 空港ラウンジは家族カードを持っていればタダなのですが、家族カードを作れない6歳の子供が半額とられるのが納得いかない。(35歳) 【2008/07/11】
悪クチコミ ゴールドを利用して2年で案内が来ましたが、切り替えてみて感じた事は、あまりゴールドと変わらないな?という事です。初年度年会費が半額だったので切り替えましたが、ゴールドに戻すかもしれません。(43才、男性) 【2011/03/01】
悪クチコミ ゴールドからプラチナに変更したが価値なし。本当のお金持ちは特典など気にしていないし、5万円払うほどの特典も無いし、中途半端で高いカード。ステイタスなども無いので、ゴールドで十分。(55才、女性) 【2012/03/21】

実際に使ってみた感想や口コミ情報、お寄せ下さい!

ご意見番が一刀両断! 三井住友VISAプラチナカード

ご意見番のまとめ三井住友VISAと言えば、日本で初めてVISAと提携したなじみ深いブランドである。

そんな老舗ブランドの最上級カードが、この三井住友VISAプラチナカード。

コンシェルジュサービスは他社と比べて遜色なく、航空券やレストランの手配から旅先でのクリーニング店の紹介など、実に頼れるサービスを受ける事が出来る。

しかも、プライオリティパス提携のクレジットカードでは珍しく家族会員にまでプライオリティパスが贈られる。さらには家族カードは無料で発行できるとなれば、家族全員が無料でプライオリティパスを取得できる事とイコールである。

海外旅行保険も最高1億円となっているので、海外組にはありがたいサービスと言えるだろう。

余談ではあるが、日本では発行されていないと言われているVISAインフィニットカードを取り扱うようになったら、幻のカードの取得を目指すコレクター達がこぞってこのカードに集まるのではないかと楽しみにしている。

三井住友VISAプラチナカードを取得したいのであれば、まずはゴールドカードで利用実績を積むべし。

現在はオンライン入会に限り、初年度年会費無料キャンペーン実施中。初年度でもそれなりの利用実績を積めばプラチナへのインビテーションが来るそうなので、今のうちに取得してしまう事をおすすめする。

三井住友VISAゴールドカード

NEXT >> ダイナースクラブ プレミアムカード

サイト内検索

 
スマートフォン向けサイトはこちら