>>  >> »   >> 

JALマイル修行の定番コース

回数修行をする場合、「金額」「1日当たりの搭乗可能数」を最も気にする方が多いのではないでしょうか。

隔週土日でどこかに旅行して、結果的に50回を達成しよう・・・という時間とお金にゆとりのある方でない限り(これは修行ではないですね)、なるべく短期間で安く済ませたいと考えるのは当然です。

比較的安くて1日に多数のフライトがこなせる、マイル修行の定番コースを紹介します。

マイル修行定番コース

沖縄(那覇)-石垣(OKA-ISG)
(例)
1日目:羽田-那覇、那覇-石垣×3往復(7レグ)
2日目:那覇-石垣×4往復(8レグ)
3日目:那覇-石垣×4往復、那覇-羽田(9レグ)
合計:24レグ

マイル修行(回数)の定番だった「沖縄(那覇)-宮古」に代わる新定番コース。スーパー先得で片道4,400円~と安定した低価格が人気。中日と最終日は最高4往復可能。

沖縄(那覇)-石垣


福岡-宮崎(FUK-KMI)
(例)
1日目:羽田-福岡、福岡-宮崎×4(9レグ)
2日目:福岡-宮崎×5(10レグ)
3日目:福岡-宮崎×4、福岡-羽田(9レグ)
合計:28レグ

スーパー先得で片道5,100円~と価格面では「沖縄(那覇)-石垣」には劣るが、何と言っても1日5往復(10レグ)こなせるため、疲れを厭わず短期間で50回をこなすには最適。

福岡-宮崎


他にも時期によっては4,000円を切ることもある、定番の「沖縄(那覇)-宮古」。
1日2往復しかできないものの、関東・関西圏から近い「伊丹-但馬」などもあります。自分が住んでいる地域、価格、空席状況、1日にどれだけ消化したいかなどを考えて、どの路線で回数を稼ぐか決めると良いでしょう。

裏技?アイランドホッピングツアー

「同じ空港間を往復するのはつまらない!」「自分で1便ずつ予約するのは難しい!」

そんな方向けに、公式に用意されている裏技(?)がアイランドホッピングツアー

JALパックが設定しているツアーで、1泊2日で九州や離島を飛び回り13~16回の搭乗実績が積めるという、修行僧なら知らない者はいない(?)、ある意味公式に修行が積めるツアー(笑)。どこを飛ぶか、何レグこなせるかはツアーの内容次第で、数ヶ月ごとに変更されているようです。

値段は少々高めなので、那覇-石垣ピストンなどに比べて割高になりますが、自分で日程を組み立てる必要が無い、色々な離島をホッピングするので飽きにくい、出発日の10日前まで予約が可能、などのメリットもあります。

多少割高でもマイル修行を楽しみたい!という方には良いかもしれませんね。

NEXT >> マイル修行の日程の組み方

JALマイル修行2014 理論編、目次

JALマイル修行 2014【JGCへの挑戦】

JMB FLY ONプログラム、JALグローバルクラブ(JGC)とは
マイル修行とは
マイル修行は回数狙いが楽
JALマイル修行の定番コース
マイル修行の日程の組み方
JMB登録、JALカード作成
マイル修行の予約をしよう
【マイル修行】那覇空港・宮古空港・石垣空港の乗り継ぎ

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントする

(質問やご意見募集中です。コメントは承認されるまでは表示されません。しばらくお待ち下さい。)

サイト内検索

 
スマートフォン向けサイトはこちら