>>  >> 

ラウンジではお行儀良く

航空会社はその利用客によるステイタスの違いがはっきりしている世界だと思います。

特に、ゴールド会員やプラチナ会員などの差別化は大きなものです。空港ラウンジもその一つと言えると思います。ラウンジを一般の人が利用するとなると3,000円の料金が必要ですが、ゴールド会員なら無料で利用できるのですから。

私も出張等で飛行機を利用する機会が多く、空港での待ち時間にはゴールド会員ということもあり、ラウンジを頻繁に利用します。

無線LANも使え、ドリンクや軽食も置いてあることから、ちょっとした空き時間の仕事にはもってこいの空間です。

気分的にも、その空間に居れることの優雅さと申しますか、何とも落ち着いた気分でリラックスすることが出来ます。これも、ゴールド会員というステイタスのおかげと満足しています。

ところが、同じラウンジで休憩している人で少し気になる人々を見かけることがあります。

それは、まるで、ファミレスのドリンクバーにでも行ったかのように、ひたすらドリンクを飲み続ける人や、軽食を食べ続ける人。更には、出発の際にスナックを鷲掴みにして、持ち帰る人です。

仮にも、ゴールドやプラチナというステイタスを持った人なのですから、もう少し、節操のある、行儀の良い行動で、ラウンジであるべき優雅でリラックスした時間を過ごしていただきたいと感じます。

私が気にし過ぎなのかも知れませんが、空港ラウンジは入れる人には、それなりのステイタスがあるということですから、その辺りの自覚を皆さんが持つようにしてもらえたらと思います。

NEXT >> 便利に使える航空ラウンジ「セントレア編」

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントする

(質問やご意見募集中です。コメントは承認されるまでは表示されません。しばらくお待ち下さい。)

サイト内検索

 
スマートフォン向けサイトはこちら