>>  >> 

JCB ザ・クラス(JCB THE CLASS)

JCBザ・クラス 詳細

JCBザ・クラス

JCBザ・クラス

JCBザ・クラス(JCB THE CLASS)

JCBザ・クラスは、国産ブランド「JCB」の最上級カードです。

JCB最上級クラスである事、券面が黒である事から「JCBのブラックカード」と称される事も多いですが、サービス内容などで他社と比較すると、プラチナクラスのカードと考えた方がいいでしょう。

基本的には純正JCBカードホルダーの中から選ばれた方へのインビテーションという形を取っていますが、入会案内デスクと掛け合う事で申込書をもらう事も出来るようです。

招待を待つにしてもこちらから申し込むにしても、「JCB系のゴールドカード」を利用している事がJCBザ・クラス取得の条件と言えます。

JCB系ゴールドカードの中でも、「さくらJCBゴールド」を持っているとインビテーションが来やすくなります(担当者に確認済)ので、JCBザ・クラスを取得したい方は、「さくらJCBゴールド」を取得し、実績を積むとよいでしょう。

初年度年会費 年会費 家族カード ブランド ポイント還元率
54,000円 54,000円 無料 JCB -
国内空港ラウンジ 海外空港ラウンジ 国内旅行保険 海外旅行保険 ショッピング保険
25空港 600ヶ所以上 1億円 1億円 500万円
その他
■24時間365日対応、「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」
■生計を同一にする配偶者・ご両親・18歳以上のお子様なら何名でも家族カードが無料で発行可能
■本人・ご家族が重篤な病気にかかった際に国内外の名医を紹介する「ベストドクターズ紹介サービス」
■ディズニーパスポート(4枚)など、毎年無料で送られるギフトサービス
■人気のサービス、「ザ・クラスメンバーズセレクション」「グルメベネフィット」

JCB ザ・クラス(JCB THE CLASS)へのコメント

メリット・よいところ♪ JCB ザ・クラス(JCB THE CLASS)のここがGood!
良クチコミ デザインがかっこよす(30歳) 【2008/08/27】
良クチコミ ゴールドカードを何枚か持っていましたが、実は1回もサポートデスクやグルメ○○などのサービスは使った事がありませんでした(そんな方、多いのでは?)。JCBザ・クラスにグレードが上がったので使ってみるか・・・と「グルメベネフィット」を使用したところ、高級レストランで1名分(2万円弱!)が無料になったり、人気のレストランの予約が2日前にも関わらず取れたりで大満足!すぐに年会費の元が取れそうです(^^)(33歳、女性) 【2008/09/01】
良クチコミ ステータスも高いですが、カード利用者側として大変コストパフォーマンスに優れているのも事実で、代表されるグルメベネフィットだけでも十分価値がありますよ。カードを見せびらかすような人格の方よりも、本質で行動される本当の大人の方にふさわしいと思います。違う方はどうぞアメックス金を持っておけばいいでしょうね。(42才) 【2008/09/09】
良クチコミ ブラック、ペガサスのシンボル、輝くJCB THE CLASSのロゴ・・・そのデザインを見た瞬間に、「このカードを絶対取ってやる!」と決意。JCBゴールドカードを取得してから1年でようやく取得。そしてそのサービス内容にも大満足。デザインにこだわって選んだ僕にとっては、「カード表面が傷ついたら無料で交換可能」というのも嬉しいところ。(28才、男性) 【2009/02/01】
良クチコミ 年会費は決して高くないのに、プライオリティパスは付いてくるしサービスは充実してるしで、素晴らしい。他社のクラスで考えるとプラチナクラスな気がするので、さらに上級のカードが設定される事を望みます。(47才、男性) 【2010/08/15】
良クチコミ 庶民が持てるブラックカード(笑)(男性) 【2011/01/01】
デメリット・悪いところ↓ JCB ザ・クラス(JCB THE CLASS)のここがイマイチ
悪クチコミ ポイントシステムが(悪い意味で)渋すぎ。マイレージサービスへの移行レートも悪く、ホテルのポイントプログラムへの移行は用意すらされてない。(39才、男性) 【2010/11/24】
悪クチコミ 色が黒いので一般カードに見えるのが欠点。折角取ったのに・・・。(40才、男性) 【2012/05/14】

実際に使ってみた感想や口コミ情報、お寄せ下さい!

ご意見番が一刀両断! JCBザ・クラス

ご意見番のまとめJCBと言えば、世界5大クレジットカードブランドの一つであり、その中でも唯一の日本国産ブランド。

国内ではトップの加盟店数であるため、日本でのカード利用が多い顧客に根強い人気がある。もちろん海外でも5大ブランドの名に恥じない加盟店数を誇る。

そんなJCBブランドの最上級クレジットカードが、この「JCBザ・クラス」であるのだが、何を隠そう私自身のメインカードがJCBザ・クラスである。

アメックスのプラチナに憧れながらも国産ブランドのJCBにこだわっていたので、JCBザ・クラスの誕生には心を躍らせたものだ。

JCBザ・クラスの最大の魅力はサービスの厚さにある。「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」の対応が素晴らしい事は言うまでもないが、「ザ・クラスメンバーズセレクション」「グルメベネフィット」、そして私のような歳になると「ベストドクターズ紹介サービス」も有り難いのだ。

海外空港ラウンジが利用できるプライオリティパスが手に入る事に加え、国内で空港ラウンジが設置されている25空港全てで利用が可能な点もビジネスマンに人気のある理由であろう。

確かに見た目通りの「ブラックカード」かと言われるとそこまでのレベルのカードではないが、他社のプラチナと比べれば十分以上のレベルであるし、アメックスのプラチナにも比肩する。

一応招待制を取っており、さくらJCBゴールドを使っているとインビテーションが来やすい。カード会社の担当者自身が言っていたので間違いない(笑)

サービスが充実していて、高いステータスが手に入るクレジットカードが欲しい、でもアメックスのように高い年会費は・・・と思う方に是非手にして欲しい1枚である。

さくらJCBゴールド

NEXT >> 三井住友VISAプラチナ

サイト内検索

 
スマートフォン向けサイトはこちら